<従業員持株ESOP信託とは>

「従業員持株ESOP信託(ESOP:Employee Stock Ownership Plan、以下「ESOP信託」)は、従業員持株会の仕組みを応用した信託型の従業員インセンティブ・プランであり、自社株式を活用した従業員の財産形成を促進する貯蓄制度の拡充(福利厚生制度の拡充)を目的としています。

  1. (1)ESOP信託(受託者)が借入金を原資に自社株式を発行会社または株式市場から取得します。
  2. (2)信託期間中は、ESOP信託が自社株式を従業員持株会に売却します。
  3. (3)自社株式の株価上昇により、信託終了時に信託財産が残る場合は、従業員の持株会への拠出割合に応じて金銭で分配されます。自社株式の株価下落により、信託終了時に借入金が残る場合は、発行会社が保証契約により一括弁済します。
  4. (4)ESOP信託内の自社株式については、従業員持株会の意思を反映した議決権行使を行う仕組みであり、従業員の意向が経営に反映されやすくなります。

<従業員持株ESOP信託の基本的なスキーム>

従業員持株ESOP信託の基本的なスキーム

  1. (1)発行会社は、受益者要件を充足する従業員を受益者とするESOP信託を金銭で設定する。
  2. (2)本信託は、銀行から自社株式の取得に必要な資金を借り入れる。借入については発行会社が保証する。
  3. (3)本信託は、信託管理人の指図に従い、本件株式を発行会社または株式市場から取得する。
  4. (4)本信託は、毎月、従業員持株会に本信託内の本件株式を売却する。
  5. (5)発行会社は、本信託内の本件株式に係る剰余金の分配を行う。
  6. (6)本信託は、銀行に借入金の元本・利息を返済する。
  7. (7)本信託内の本件株式については、信託期間を通じ、信託管理人が議決権行使の指図を行う。
  8. (8)株価上昇により本信託内に本件株式が残る場合、換価処分の上、信託期間内の拠出割合に応じ受益者に金銭を分配する。
  9. (9)株価下落により本信託内に借入金が残る場合、上記(2)の保証に基づき、発行会社が弁済する。

(ご注意)
本件は一般的な仕組みを説明するものです。

従業員持株ESOP信託に関するご照会先

三菱UFJ信託銀行
法人コンサルティング部
報酬コンサルティング室

03-3212-1211(代表)

受付時間: 9:00〜17:00(土・日・祝日等除く)