デリバティブとは、金利・債券・為替・株式・商品等から派生した取引の総称であり、金融商品を原資産とするものがほとんどであることから、金融派生商品とも呼ばれます。

特徴

デリバティブは、主にリスクヘッジ目的や投機目的に利用されるケースが多く、一般的に時価会計となります。主な種類は以下のとおりとなります。

金利系 為替系 その他
スワップ系 金利スワップ 通貨スワップ
クーポンスワップ
コモディティデリバティブ
クレジットデリバティブ
天候デリバティブ
オプション系 キャップ
フロア
スワップション
通貨オプション

市場で取引されるデリバティブには、上記の表の商品以外に、複数のデリバティブを組み合わせた商品や、デリバティブを預金、債券やローンに組み合わせた商品があります。

一般的に、預金にデリバティブを組み合わせた商品は「デリバティブ内包型預金」や「仕組預金」、債券にデリバティブを組み合わせた商品は「仕組債」、ローンにデリバティブを組み合わせた商品は、デリバティブ内包型ローン・仕組ローンと呼ばれています。