年金ALM

  1. 年金ALMはどのようにして発展してきたか
  2. 年金制度運営における「リスク」とは何か
  3. 年金ALMの実際
  4. 年金ALM実施の目的・効果

1.年金ALMはどのようにして発展してきたか

ALM(Asset - Liability Management)とは、そもそも1970年代後半以降米国の金融機関において資産・負債の両面を総合的に管理する手段として発達した。主に金利変動のミスマッチを逓減することにより、期間収益の安定化を図る目的で発展してきたリスク管理手法である。
一方で、従来の年金制度運営では、アセットアロケーションと給付設計、受給権の保護等は別個の問題として取り扱われ、資産・負債の相互関係を統合して運用財政問題を検討することは比較的少ない状況であった。しかし、米英の年金基金では金融機関のALM手法にならい年金資産・負債の総合的管理手法として「年金ALM」を導入するようになった。
日本においては、平成6年の厚生年金法改正で、年金経理から年金ALM手数料の支払いが認められたため多くの年金制度で実施されるようになり、また、平成12年には退職給付会計導入が導入されたことを契機に、金利変動を考慮したサープラス型(バランスシート型)年金ALMも広く活用されるようになっている。
従来の年金ALMをサープラス型年金ALMと区別する意味で「シミュレーション型年金ALM」と言うこともある。

「年金ALMの詳しいご案内」へ

2.年金制度運営における「リスク」とは何か

年金制度におけるリスクとは、年金財政が悪化すること(剰余金減少・不足金増加)であり、資産・負債サイドそれぞれで以下のリスクが考えられる。財政運営では、それらのリスクが許容される範囲内であるかどうか定期的に把握、検証することが必要となる。

  1. (1)運用収益のブレ(=「資産運用リスク」)
    年金資産の価格変動は非常に大きいため、そのコントロールは年金ALMの主要な課題となっている。資産全体の価格変動幅は、資産構成割合に大きく依存すると考えられているため、年金ALM分析等を活用して、適切な「長期的な資産構成割合(=「政策アセットミックス」)の策定」することが重要となる。
  2. (2)負債サイドに起因するリスク(=「負債リスク」)
    一方、負債サイドも人口動態的要因やマーケットの環境など経済的要因によって変動するリスクを抱えている。資産サイドのリスクは、運用方法等でコントロール可能な部分があるものの、負債のリスクはコントロールすることが困難であるため、計数化するなどにより、その影響を把握しておくことが必要である。

3.年金ALMの実際

年金負債と年金資産を総合的に管理する視点から、年金運営上の「リスク」(資産運用リスク、負債によるリスク)を年金財政へ投影する。

  1. (1)効率的フロンティアの算出
    効率的な資産構成割合(それぞれの目標収益率に対して、最小のリスクとなる資産構成割合)を算出し、複数の政策アセットミックス候補を選定する。

    効率的フロンティア(インフレ率1.5%)

  2. (2)資産運用リスク、負債リスクを年金財政へ投影
    負債、キャッシュフロー、年金資産額の推移を基に、資産運用リスク、負債リスクを積立比率、掛金率等で表し、年金財政の将来像を分析する。

    積立比率(資産/責任準備金)の比較

  3. (3)政策アセットミックスの策定
    上記の分析結果から、それぞれの政策アセットミックス候補の
    • 目標収益率を高めることで増加していく「資産運用リスク」
    • 資産運用リスクを過度に抑制することで生じる「不足金発生リスク」
    を比較しながら、成熟度等も考慮し、政策アセットミックスを決定する。

4.年金ALM実施の目的・効果

年金ALMの目的・効果は、今後生じる可能性のあるさまざまなリスクを、具体的な計数で把握し、そのリスクを許容できるのか?リスクを低減する方法はないのか?等を関係者(事務局、母体企業等)で協議、検討しながら、今後の財政運営についての共通認識を形成することにあると考えられる。
関係者の間で協議を繰り返しながら、リスク許容度を踏まえた最適な政策アセットミックスを策定し、財政運営のベースとすることができれば、年金ALMはその目的を達したといえるだろう。