予定昇給率

給与比例制の年金制度の数理計算において使用される計算基礎率の1つ。加入者の給与が毎年どの程度昇給するかを想定したもので、実績および予測に基づき算定する。ベースアップを見込む場合もある。通常、加入最低年齢から定年年齢まで指数(予定昇給指数)により表現する。
→用語解説コラム「確定給付企業年金制度の掛金」

頭文字から探す

分類から探す