MUTBビジネスダイレクト 三菱UFJ信託銀行

セキュリティ

MUTBビジネスダイレクトでは、第三者による、お客さまの情報の盗取、データの偽造・改ざん、不正利用等を防ぐため、万全のセキュリティ対策を実施しています。

安全なご利用のために

インターネット上では、さまざまな犯罪が発生しています。中でもインターネットバンキングの利用者を狙い、大切な情報を盗もうとする手口が増えています。そのような金融犯罪の被害に遭わないようにするため、以下の対策を是非ご一読ください。

金融犯罪にご注意ください

セキュリティ対策

MUTBビジネスダイレクトを安心してご利用になれるよう、次のセキュリティ対策を行っています。

128ビットSSL暗号化方式

お客さまのパソコンと当社のコンピュータ間のデータ通信について、最新式の暗号化技術である128ビットSSL暗号化方式を採用し、情報の盗聴・書換え等を防止します。

パスワード・本人確認

お取引に応じて複数のパスワードを確認する本人認証システムを採用しています。

電子証明書の採用

あらかじめお客さまのパソコンに電子証明書を取得・格納し、ログイン時に電子証明書およびログインパスワードによりお客さま本人であることを確認するものです。パスワード情報が漏えいした場合でも、電子証明書が格納されたパソコンを使用しない限りサービスを利用することができないため、フィッシングやスパイウェアといった不正行為に対しセキュリティ面で効果的な機能です。

不正利用防止

一定回数以上誤ったパスワードを入力すると「ご利用停止」となります。

利用状況の確認

直近3回のログイン履歴を確認できます。

ソフトウェアキーボード

キーボードの入力情報を盗み取るタイプのスパイウェアからパスワードを守ることができます。

利用者ごとの権限設定

管理者ユーザが利用者ごとに、サービスの利用権限や承認権限、上限金額を設定することができます。

自動タイムアウト

一定時間操作がない場合、自動的にログアウトし、第三者の不正利用を防止します。

EV SSL証明書

フィッシング詐欺対策として、シマンテック社のEV SSL証明書を採用し、お客さまに安心してご利用いただける環境をご提供します。Internet Explorer 7などのEV SSL対応ブラウザでアクセスすると、真正なサイトの場合はブラウザのアドレスバーが緑色に変わり、アドレスバーの横にサイト運営組織や認証局の名称が表示され、現在閲覧しているサイトが当社の真正なサイトであることを簡単にご確認できます。

取引結果通知メール、電子署名付き電子メール

各種お取引およびお手続きの完了時に、あらかじめ設定したメールアドレス宛に通知メールを送信します。万一出金されてしまった場合でも、即時に被害が把握できます。また当社からお客さまへ送信するメールには電子署名を付けてお届けします(基本・伝送・外為サービス)。

ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードは一度限り使用可能なパスワードです(一定時間毎にパスワード生成機等に表示)。たとえ他人にそのパスワードを盗み見、通信データの盗聴などにより知られたとしても、そのパスワードは自動的に無効となるので、悪用することはできません。ワンタイムパスワードはインターネットバンキングをご利用になる際に、ログインパスワードに加えて使用します。

コンピューターウィルス駆除、フィッシング防止ソフト

インターネットバンキング専用のウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」をお客さまへ無償でご提供します。Rapportはインストールするだけで自動的に機能し、インターネットバンキングを狙ったウィルスを検知、駆除します。またインターネットバンキングで使用する通信情報の改ざんを防ぎます。

RapportはIBM社が提供するソフトウェアです。

ご確認のお願い

MUTBビジネスダイレクトご利用時のログインパスワード等の入力の際、以下の方法で正当な画面へアクセスしているかご確認ください。
「ログイン」にあたっては、三菱UFJ信託銀行のホームページ以外からは絶対にログインしないようご注意ください。

(参考)三菱UFJ信託銀行のホームページ:http://www.tr.mufg.jp/houjin/

預金等の不正な払戻しに関する平成26年7月17日全国銀行協会申し合わせに基づく対応について

当社は、全国銀行協会が平成26年7月17日に公表した補償に関する申し合わせ(法人向けインターネット・バンキングにおける預金等の払戻しに関する補償の考え方)に基づき、対応します。法人のお客さまに被害が発生した場合は、警察の捜査状況・原因究明を経て、個別案件毎に申し合わせ事項に沿って、総合的に検討し適切に対応します。