世界の年金基金などの投資家は、安定した投資収益を獲得するため、企業評価において、業績見通しや財務情報だけでなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)などの非財務情報を考慮する傾向を強めています。社会的責任に関する方針や取り組みが的確で、ガバナンス機能がより高い企業への投資は、中長期的な運用収益の向上・リスク低減につながるという考え方が定着しつつあります。また、非財務情報の確認などのため、企業との対話をより重視した評価も広がっています。
三菱UFJ信託銀行では、早くからESGを考慮した企業評価や資産運用を行ってきた経験を活かし、持続的な利益成長ができる銘柄を厳選したファンド設定・運用に力を入れており、これまでの運用成績や運用方針が評価され、ファンドの預かり資産残高が拡大しています。また、セミナーなどを通じて、ESG要素を踏まえた投資候補選定の事例を紹介するなど、企業の非財務情報をベースとした企業評価の拡大を呼びかける活動を推進しています。三菱UFJ信託銀行は、国際原則である「PRI(責任投資原則)*」に署名し、PRIに基づく投資行動を国内に広げる活動を進めています。また、機関投資家が投資先企業との建設的な対話などを通じて当該企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことを目的として金融庁により策定された<日本版スチュワードシップ・コード>の趣旨に責任ある機関投資家として賛同し、これを受け入れることを表明し、スチュワードシップ責任を果たすための対応方針を公表しました。

三菱UFJ信託銀行は、機関投資家として、これまでも顧客・受益者の中長期的な投資リターンの拡大を図ることを目的としてさまざまな活動を行ってきましたが、これらは本コードの趣旨と全く相違することなく、本コードの受け入れをもって、これまで以上に企業の持続的成長を推進し、企業価値の向上に繋げ、受益者の利益に繋がるように行動していきます。

PRI(責任投資原則):2006年にコフィー・アナン国連事務総長(当時)が提唱した原則で、投資の意思決定プロセスにESGへの取り組みも反映し、長期的な投資収益の向上・リスクの低減をめざすものです。

持続性評価の流れ