三菱UFJ信託銀行は事業活動にともない発生する環境負荷の低減に努めています。

CO2排出削減

主要本部ビルや各営業拠点において、高効率の照明設備、空調設備、受変電設備の更新・改修などにより、省エネ化を進めています。また、一部の本部ビルにおいて、建物消費エネルギーの見える化を図り、省エネ対策に取り組んでいます。

紙類の使用抑制

オフィスで使用するコピー用紙使用量の抑制や使用済み用紙のリサイクルを行っています。また、店頭パンフレット等も、FSC認証紙等の環境に配慮した用紙や植物性インク等の環境配慮型インクを使用したものに可能な限り切替を行っています。

ごみの削減

ごみの分別回収やリサイクルにも積極的に取り組んでいます。本店ビルでは廃棄物を18種類に港南ビルでは17種類に分別し、リサイクルを推進しています。

環境負荷低減目標と実績

コピー用紙使用量の削減

本店ビル2016年度目標 本店ビルにおけるコピー用紙使用量を管理する。
活動結果 本店ビルのコピー用紙購入量を管理し、部署毎の実績を還元

廃棄物のリサイクル

本店ビル2016年度目標 本店ビル廃棄物の分別を徹底する。
活動結果 本店ビル執務室に分別ルールを掲示。

エネルギー使用量の削減

本店ビル2016年度目標 本店ビルの省エネルギーを推進する。
活動結果 本店ビル照明について一部LEDを使用
本店ビル執務室の照明スイッチに照明エリア区分を表示