2015年4月20日

いつも三菱UFJ信託ダイレクトをご利用いただきありがとうございます。
昨今、国内の金融機関において、インターネットバンキングの悪用による不正送金被害が増加しております。三菱UFJ信託ダイレクトを安心してご利用いただくために、以下の対策をおすすめいたします。

1.ウイルス対策ソフトを導入しましょう。

ウイルス対策ソフトをパソコンに導入いただくとともに、OS・ブラウザ等インストールされている各種ソフトウェアを常に最新の状態に更新いただくことをおすすめいたします。
また、当社ではインターネットバンキング専用ウイルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」(無料)をおすすめしております。「Rapport(ラポート)」をパソコンにインストールしていただくと、インターネットバンキングを狙ったウイルスの検知・駆除等ができ、より安全にお取引が行えるようになります。簡単にインストールができますので、ぜひご利用ください。
<ご利用方法>
当社インターネットバンキングにログイン後、トップページに表示されている「インターネットバンキング専用の無料ウイルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」のご案内『くわしくはこちら』」のボタンをクリックしてください。
「Rapport(ラポート)」は、IBM社のダウンロードサイトから無料でダウンロードできます。

2.ワンタイムパスワードをご利用ください。

三菱UFJ信託ダイレクトをご利用のお客さまは、「ワンタイムパスワードカード」を無料でご利用いただくことができます。「ワンタイムパスワードカード」とは1回限り有効なパスワード(ワンタイムパスワード)を生成する機器です。一度使用したパスワードは無効となるため、第三者による不正送金等のリスクが低くなり、三菱UFJ信託ダイレクトをより安全にご利用いただけます。「Rapport(ラポート)」と合わせてぜひご利用ください。
<お申込方法>

  • 当社インターネットバンキングにログイン後、トップページに表示されている「ワンタイムパスワードカードでセキュリティ対策『くわしくはこちら』」のボタンをクリックしてください。
  • 画面の案内に従い、お申込み手続きをしてください。

3.振込限度額の引下げをご検討ください。

多額の不正送金の被害に遭わないように、振込の取引限度額は必要な範囲でできるだけ低く設定されることをおすすめいたします。
振込限度額の設定は、ログイン後の画面から、「各種変更・届出」→「振込限度額変更」を選択のうえ、任意の金額をご指定ください。

4.第一暗証を他のインターネットサービスの暗証番号として使うことは避けましょう。

暗証番号が盗取されるリスクを下げるため、インターネットバンキングのログイン時に使用する第一暗証を、他のインターネットサービスの暗証番号として使うことは避けましょう。

お問い合わせ

インターネットバンキング専用デスク

0120-349-833(無料)

平日 9:00〜21:00 土日 9:00〜17:00(祝日等を除く)

関連情報