名義書き換え手続き

分割協議が成立して、相続人各自の引き継ぐものが決まっても、そのままで、自分のものになったというわけではありません。
ものによってそれぞれ所有権が認められるには手続きがありますから、早めに処理したいものです。面倒なら司法書士などの専門家に手続きを依頼することもできます。

遺産の種類 手続き先 必要な書類
名義書き換え手続き 宅地・家屋 地方法務局
(本支局・出張所)
所有権移転登記申請書、戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)、住民票(相続人)、固定資産課税台帳謄本  ※1
農地・山林 地方法務局
(本支局・出張所)
所有権移転登記申請書、戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)、住民票(相続人)、固定資産課税台帳謄本  ※1
自動車 陸運局
陸運支局
登録課
移転登録申請書、自動車検査証(有効なもの)、自動車検査証記入申請書、戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)、自動車損害賠償責任保険証明書(呈示のみ)  ※1
電話加入権 電話局 電話加入承継届、戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)  ※1
貯金・預金 預貯金先 依頼書(銀行などに備付)、除籍謄本(被相続人)、戸籍謄本(相続人)、預金通帳、印鑑証明書(相続人)  ※1
特許権
実用新案権
意匠権
商標権
特許庁登録課 移転登録申請書、戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)  ※1
支払い請求手続き 生命保険金 生命保険会社 戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)、生命保険証、生命保険金請求書、死亡診断書、印鑑証明書(相続人)
退職金 会社 戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)
  1. ※1遺産分割協議書および相続人全員の印鑑証明書、または遺言書が必要です。