3大疾病・4つの生活習慣病・3つのサービス・特約1:3大疾病一時金特約・特約2:女性疾病特約 3つのサービス 特約1:3大疾病一時金特約 特約2:女性疾病特約

特長

(1)「3大疾病と4つの生活習慣病」でお仕事ができなくなった場合への備え・(2)年齢ごとの保険料設定。中途解約も可能。・(3)加入時の診断書等は不要。 ご存知ですか?意外に多くの人がかかる3大疾病と4つの生活習慣病。 くわしくはこちら

保障内容

Point 1・30日間の免責期間を超えて継続した場合31日目以降、毎月のローン返済額を保険金として最長1年間お支払い!・Point 2・30日間の免責期間を超えて1年間継続した場合、住宅ローンの残高を保険金としてお支払い!(最高お借入額:1億円) いかなる業務にも従事できない状態 いかなる業務にも従事できない状態 いかなる業務にも従事できない状態
  1. (*1)7大疾病とは・・・3大疾病(ガン〈上皮内ガンを除く〉・脳卒中・急性心筋梗塞)+4つの生活習慣病(高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変)
  2. (*2)入院または医師の指示による自宅療養により、被保険者の経験や能力に応じたいかなる仕事もまったくできない状態

お借入から保障までの流れについて

各種特約について

「10のあんしん」ならではの、さらに安心できる特約があります。

特約1

3大疾病一時金特約 3大疾病の時には一時金100万円をお支払いし、治療費・生活費をサポートします。

条件

3大疾病((1)ガン(上皮内ガンを除く)(2)脳卒中(3)急性心筋梗塞)で所定の状態に該当した場合
「所定の状態」の概要(詳細は必ず重要事項説明書・約款をご参照ください。)

  1. (1)ガン(上皮内ガンを除く)に罹患し、医師により病理組織学的所見(生検を含む)によって診断確定されたとき。
  2. (2)脳卒中を発病し、その治療を直接の目的として入院を開始したとき。
  3. (3)急性心筋梗塞を発病し、その治療を直接の目的として入院を開始したとき。

●3大疾病一時金は、1度受け取った後でも、支払事由(*1)に該当した場合は以下の場合を除き再度受け取ることができます。なお、支払事由該当後も保険料の払い込みは継続します。

  • 前回の支払事由の発生から同一保険期間(当年1月1日16時〜翌年1月1日16時)に支払事由に該当した場合
  • 保険金の支払に関わらず、支払事由に該当してからその日を含めて1年以内に同一の支払事由に該当した場合(*2)
  1. (*1)「支払事由」とは、上記「所定の状態」に該当することを指します。
  2. (*2)「同一の支払事由に該当した」とは、例えば、「ガン」の後に新たに「ガン」と診断確定された場合をいいます。

特約2

女性に2つの安心 女性疾病特約(特定女性疾病および妊娠に伴う身体障害のみ補償特約)「女性特有の疾病および妊娠」に伴う身体障害を保障する特約もご利用いただけます。

  • 住宅ローンご契約者が女性の場合にご利用いただけます。
  • 女性疾病特約を付帯した場合は、7大疾病に加え、妊娠・出産・早産または流産によって生じた身体障害および所定の身体障害による就業障害も対象となります。対象となる身体障害について、くわしくは重要事項説明書をご確認ください。

ご注意ください

  • 特約を付帯する場合、上記各特約毎の保険料が加算されます。
  • ご加入後の特約追加および特約のみの解約はできません。
  • 上記特約の内容は保険商品の概要であり、詳細については「加入依頼書兼告知書」に添付の重要事項説明書・約款でご確認ください。

お借入から保障までの流れ

Point 1・30日間の免責期間を超えて継続した場合31日目以降、毎月のローン返済額を保険金として最長1年間お支払い!・Point 2・30日間の免責期間を超えて1年間継続した場合、住宅ローンの残高を保険金としてお支払い!(最高お借入額:1億円) いかなる業務にも従事できない状態 いかなる業務にも従事できない状態 いかなる業務にも従事できない状態
ローン残高推移・Point 1・毎月のローン返済額を保障!(最大1年間)・Point 2・ローン残高を保障!(最高お借入額1億円)
  1. (*1)7大疾病とは・・・3大疾病(ガン〈上皮内ガンを除く〉・脳卒中・急性心筋梗塞)+4つの生活習慣病(高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変)
  2. (*2)入院または医師の指示による自宅療養により、被保険者の経験や能力に応じたいかなる仕事もまったくできない状態
特約1:3大疾病一時金特約・特約2:女性疾病特約 特約1:3大疾病一時金特約 特約2:女性疾病特約

3つのサービス内容

無料で専門家のアドバイスをご利用いただける、ご加入者専用のサービスです。

(1)メディカルアシスト 日常のおからだの悩みから急な発病やケガまで、おからだの「もしも」を万全の体制でアシストします。・24時間365日受付

緊急医療相談 現役の救急の専門医および看護師が、緊急の医療相談に24時間お電話で対応します。
予約制
専門医相談
輪番で常駐する専門医が、専門的な医療・健康電話相談をお受けします。(事前予約が必要です。)
医療機関案内 夜間の救急医療機関や、旅先での最寄りの医療機関をご案内します。
転院・患者移送手配 救急病院から自宅最寄りの病院への転院や、ご自宅へ戻る場合、民間救急車や航空機特殊搭乗手続き等の一連の手配を承ります。(実際の転院移送費用は、このサービスの対象外です。)
ガン専用
相談窓口
ガンに関するさまざまなお悩みに、経験豊富な医師とメディカルソーシャルワーカーがお応えします。
(より深いアドバイスをお聞きになりたい場合には、別途、専門の医師にご予約させていただきます。)

本サービスは医療行為を行うものではありません。また、ご案内した医療機関で受診された場合の費用はお客さまのご負担となります。

(2)生活支援サービス 各種生活関連情報をご提供します。

法律・税務相談 提携の弁護士等が身の回りの法律や税金に関するご相談に電話でわかりやすくお応えします。
また、ホームページを通じて、法律・税務に関するご相談を24時間電子メールで受け付け、弁護士等の専門家が電子メールでご回答します。

弁護士等のスケジュールとの関係でご回答までに数日かかる場合があります。

社会保険に
関する相談
公的年金等の社会保険について提携の社会保険労務士がわかりやすく電話でご説明します。

社会保険労務士のスケジュールとの関係でご回答までに数日かかる場合があります。

暮らしの
情報提供
グルメ・レジャー情報・冠婚葬祭に関する情報・各種スクール情報等、暮らしに役立つ様々な情報を電話でご提供します。

(3)介護関連サービス 介護に関する専門家がサポートします。

電話介護相談 介護方法、介護保険制度、介護施設の入所、各種在宅介護サービスの利用等介護に関する様々なご相談に電話でお応えします。また、各地域の介護関連事業者もご案内します。
インターネット介護情報サービス
「介護情報ネットワーク」
ホームページを通じて、介護の仕方や介護保険制度、各種介護関連事業者等の介護に関する様々な情報をご提供します。また、電子メールによる介護相談も24時間受け付け、介護に関する専門家がお応えします。

ご回答までに数日かかる場合があります。

ご利用の際にご確認いただきたいこと等

  1. ご利用は、保険期間中にご相談内容の事柄が発生しており、かつ現在に至るまで保険契約が継続している場合に限ります。
  2. ご利用の際は提携会社より、「お名前」「ご連絡先」等を確認させていただきます。
  3. ご相談の対象は、保険期間中にご相談内容の事柄が発生しており、かつ現在に至るまで保険契約が継続している場合で、ご加入者、被保険者、ご加入者もしくは被保険者の配偶者・親族(以下相談対象者といいます。)に日本国内で発生した身の回りの事象(事業活動等を除きます。)とし、相談対象者のうちのいずれかの方からの直接の相談に限ります。
  4. 各サービスメニューは、予告なく中止となる場合があります。また、一部の地域ではご利用いただけないサービスもございますのでご了承願います。
  5. 各サービスは、東京海上日動が提携会社を通じてご提供します。
  6. 各サービスは、携帯電話・自動車電話・PHS・衛星電話からもご利用いただけます。

ご存知ですか?

ご存知ですか?3大疾病と生活習慣病は日本人の死亡原因の半数以上を占めています。

ご加入にあたってのご注意事項

(1)告知の内容によりご加入いただけない場合があります。

過去にガンや脳卒中等「加入依頼書兼告知書」記載の病気にかかったことがある方等、告知の内容によりご加入いただけない場合があります。

(2)保険料がかかります。

本商品は、性別・年齢・お借入残高・毎月の返済額等によって変わる月払い型の保険料です。

(3)ローンお借入日の翌々月の初日からが、保険責任対象期間となります。

  • 保険責任対象期間開始前に発病した7大疾病による就業障害につきましては、保険金をお支払いできません。
    (ただし、新規ご加入時の保険対象期間開始後1年を経過した後に開始した保険金支払事由については、保険金お支払いの対象となります。)

(4)免責期間が30日間あります(特約付帯時の3大疾病一時金を除く)。

  • 7大疾病による就業障害発生から30日間は保障対象となりません。毎月のローン返済のサポートは31日目以降となります(最長1年間)。

(5)いかなる業務にも従事できない状態の方が保険金お支払いの対象です。

<いかなる業務にも従事できない状態とは>
7大疾病で入院または医師の指示による自宅療養により、被保険者の経験や能力に応じたいかなる仕事もまったくできない状態をいいます。なお、被保険者が死亡した後は、いかなる場合でも就業障害とはいいません。

  • たとえば、会社員の場合、全日出社できず他の仕事(軽作業や事務作業等)もまったくできない状態、医師の場合なら全日休診で他の仕事もできない状態です。この場合、営業活動や医療行為ができなくても、他の業務(事務等)が可能な場合はお支払いの対象になりません。
  • 午前中休んで午後就業する場合等は、「いかなる仕事もまったくできない」状態には該当いたしませんので、保険金のお支払い対象にはなりません。
  • 一般に入院中は「いかなる仕事もまったくできない」状態に該当いたしますが、自宅療養の場合は「医師の指示による自宅療養」が保険金のお支払い対象となります。

「いかなる業務にも従事できない状態」であるかの確認にあたっては、医師の診断書、あるいは医師への事情確認、就業障害状況報告書や被保険者ご本人への事情確認等によって確認させていただきます。

その他のご注意事項

  • 保険金をご請求いただいた場合、引受保険会社による医師の診断書による審査、または主治医への照会のために、保険金のお支払いまでにお時間をいただくことがあります。
  • 住宅ローンのご返済は、保険金のお受取期間中も継続いたします(毎月のローン返済額の保険金は、住宅ローンのご返済とは別に、ご加入の際にお客さまにご指定いただきました保険料相当額引落口座にお支払いいたします)。
  • 7大疾病で就業障害となり、その就業障害期間の途中で、その疾病を理由としてやむを得ず会社を退職した場合でも、医師が認定する就業障害期間については、保険金お支払いの対象となります。
  • 保険金支払事由以外の理由により、今後いかなる業務にも従事される見込みがなくなられた場合には、任意脱退の手続きが必要となりますので三菱UFJ信託銀行までご連絡ください。
  • 保険金のお支払期間(てん補期間)は1事故あたり1年間とします。なお、就業障害終了後、180日を経過した日までに同一の身体障害によって就業障害が再発した場合には同一の事故とみなし、保険金をお支払いします。
  • お申し込みにあたって、「加入依頼書兼告知書」に添付の重要事項説明書・約款で詳細を必ずご確認ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。
  • 本ページにおける「10のあんしん」の概要説明は、三菱UFJ信託銀行が保険契約者としての立場から、住宅ローンご利用者のために行っています。いわゆる保険募集のための説明ではありません。ご加入にあたっては、必ず「加入依頼書兼告知書」に添付の重要事項説明書・約款をよくお読みください。
  • 本保険をお申し込みいただくかどうかが、三菱UFJ信託銀行でのお取り引き(融資・預金等)に影響するものではありません。本保険は預金等ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • この保険は「損害保険契約者保護機構」の補償対象です。引受保険会社の経営が破たんした場合等には、保険金、返れい金等の支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されることがあります。