平成26年10月1日現在

「海外(米国)相続サポートサービス」をご利用いただく場合、お客さまには、「当社の手数料」、「提携金融機関の報酬」、「専門家の報酬及び諸費用」についてご負担いただきます。

お客さまにご負担いただく費用等

当社の手数料・報酬

遺産整理型の場合

基本手数料200,000円と米国財産の額(日本での相続税評価額)の1.5%の合計額に1.08を乗じた額(消費税込み)
ただし、最低手数料を1,080,000円(消費税込み)とさせていただきます。

  • 米国財産のみをお申込みの場合、基本手数料は540,000円(消費税込み)、最低手数料は1,620,000円(消費税込み)
  • 手続きの難易度が高いケースでは追加手数料がかかる場合があります。
遺言信託型の場合

【遺言書作成時】
540,000円(消費税込み)
国内財産分324,000円(消費税込み)+米国財産分216,000円(消費税込み)

【遺言書の保管中】
年間保管料 5,400円(消費税込み)
遺言内容の変更による変更取扱手数料54,000円(消費税込み)

【遺言執行手続きの完了報告時】
基本手数料200,000円と米国財産の額(日本での相続税評価額)の1.5%に1.08を乗じた額(消費税込み)
ただし、最低手数料額を1,080,000円(消費税込み)とさせていただきます。

  • 原則として、国内の財産と合わせてお申込みいただきます。
  • 手続きの難易度が高いケースでは追加手数料がかかる場合があります。

提携米国金融機関の報酬

米国遺産税の申告時にお支払いいただきます。

ノーザン・トラスト・カンパニー 現地での遺産税評価に応じて3.0%から2.0%の逓減料率。ただし、最低報酬は30,000米ドル。
MUFGユニオンバンク (カリフォルニア州の場合)
現地での遺産税評価に応じて4.0%から0.5%の逓減料率。ただし、最低報酬は12,500米ドル。
(オレゴン州の場合)
現地での遺産税評価に応じて7.0%から2.0%の逓減料率。ただし、最低報酬は12,500米ドル。
(ワシントン州の場合)
現地での遺産税評価に応じて1.5%から0.85%の逓減料率。ただし、最低報酬は12,500米ドル。
ファースト・ハワイアン・バンク 現地での遺産税評価に応じて3.0%から2.5%の逓減税率。ただし、最低報酬は6,000米ドル。

専門家の報酬及び諸費用

  • 米国の遺産税・相続税等諸税
  • 米国の裁判所等に納める費用
  • 現地の弁護士等の専門家に対する報酬
  • 日本における調査・翻訳等の費用、弁護士等の専門家に対する報酬、特別な渡航費用
  • その他、米国での財産承継手続に必要な費用

<報酬・手数料の例>

例えば、執行対象財産額5億円の国内財産(相続税評価額による)と100万米ドルの米国財産の遺言信託の場合、ノーザン・トラスト・カンパニーを人格代表者とすると、以下の費用がかかります(米国財産については、米国の遺産税評価額と日本での相続税評価額は等しいものとします)。ただし、財産の種類等によっては、追加報酬がかかる場合があります。

  • ノーザン・トラスト・カンパニーへ米国財産からお支払いただく報酬
    100万米ドル×3%=3万米ドル(1米ドル=100円の場合、300万円相当)
  • 当社へお支払いただく報酬(1米ドル=100円の場合)
    遺産整理手数料(国内財産分)・・・5,130,000円(消費税込み)
    遺産整理手数料(米国財産分)・・・(20万円+1億円×1.5%)×1.08=1,836,000円(消費税込み)

専門家の報酬及び諸費用が別途必要となりますが、この例には含めておりません。

米国における流動性を有する財産で、報酬・手数料及び上記費用をまかなえない場合は、事前にご相談人または受遺者の方に必要な資金をご用意いただきます。

専門家への報酬は、原則として、従事した時間に応じて課金されるため、手続きの内容等により金額は異なります。