資産承継プランニングの手順

「資産承継プランニング」は下記の手順を踏み、最終的にお客さまに報告書をご提出いたします。
この報告書は、お客さまがライフプラン・目的を踏まえたうえで、財産計画を総合的に検討されるための財務面からの資料であり、プラン実行のご判断、ご決定はお客さまご自身となります。またプランニングは、将来の不確定要素・諸条件(金融・経済・税制等の変化、お客さまご自身のライフプラン・生活環境等の変化)を織り込むことはできませんので、プランはこれを念頭において柔軟に決定され、また定期的な見直しをされますようおすすめいたします。

ライフプラン・目的の明確化
  • お客さまご自身のライフプラン・目的を明確化します。
  • お客さまの次世代への財産承継の考え方を整理します。
ご家族構成・財産等の現状把握
  • ご家族の構成・状況を確認します。
  • 必要書類(登記簿謄本等)を準備します。
  • 各財産の利用状況等を確認します。
  • 財産・利用状況等の明細を作成します。
現状分析→プランの検討
  • 次のような観点から、現状を分析、プランを検討します。
    • ライフプラン
    • 財産・事業承継プラン
    • 納税資金プラン
    • 不動産プラン
    • 資産運用プラン
    • 贈与・寄付プラン・・など
報告書の提出
お客さまによるプランの決定・実行
  • お客さまのご判断・ご決定により、プランを実行に移します。
プランニングの見直し
  • 定期的な見直しをおすすめいたします。

「エステイトプランニング」概要へ

詳しい資料をご希望のお客さま

窓口でのご相談を希望のお客さま