お客さまにご負担いただく費用について

三菱UFJ信託ファンドラップは、国内投資信託に投資を行います。そのため、お客さまにご負担いただく費用については、直接ご負担いただく費用(投資一任運用に係る報酬)と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。ご負担いただく費用等の合計は、次の費用を足し合わせた金額となります。これらの費用等の合計額および上限額は、資産配分比率・運用状況・運用実績等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載できません。
また、報酬タイプは「固定報酬型」と「成功報酬型」からご選択いただけます。「固定報酬型」から「成功報酬型」へ、「成功報酬型」から「固定報酬型」への変更は年1回、当社所定の受付期間において、翌年分のお申込みが可能です。

(1)投資一任運用に係る報酬

1.固定報酬型

  • 残高手数料【発注・約定等の管理に対する費用】

    報酬の計算期間中における投資一任財産の日次時価平均残高(以下、「計算基準額」といいます。)に対して、以下の料率(年率、消費税8%を含む)で、四半期ごとに後払いにてお支払いただきます。原則として、計算基準日(毎年3月、6月、9月、12月の各末日)を含む月の翌月の当社の定める日に申し受けます。

  • 投資顧問料【投資一任契約に基づく運用サービスに対する費用】

    計算基準額に対して、以下の料率(年率、消費税8%を含む)で、四半期ごとに後払いにてお支払いただきます。原則として、計算基準日(毎年3月、6月、9月、12月の各末日)を含む月の翌月の当社の定める日に申し受けます。

    [ 残高手数料、投資顧問料の料率 ]

    (税込)

    計算基準額 残高手数料率(年率) 投資顧問料率(年率)
    3,000万円以下の部分 1.134% 0.378%
    3,000万円超1億円以下の部分 1.080% 0.324%
    1億円超5億円以下の部分 0.810% 0.270%
    5億円超の部分 0.540% 0.216%
    <ご参考> 固定報酬型における残高手数料・投資顧問料計算例

    (税込)

    投資一任財産の
    日次時価平均残高
    残高手数料
    (年間)
    投資顧問料
    (年間)
    合計
    (年間)
    実効報酬料率
    (年率)
    1,000万円 113,400円 37,800円 151,200円 1.512%
    5,000万円 556,200円 178,200円 734,400円 1.469%
    1億円 1,096,200円 340,200円 1,436,400円 1.436%
    • 上記は計算の一例であり、実際の報酬額は、投資一任財産の日次時価平均残高等を基準に算出しておりますので、上記の計算金額とは異なります。
    • 実効報酬料率(年率・消費税8%を含む)は、小数点第4位を四捨五入して表記しています。

2.成功報酬型

  • 残高手数料【発注・約定等の管理に対する費用】

    計算基準額に対して、以下の料率(年率、消費税8%を含む)で、四半期ごとに後払いにてお支払いただきます。原則として、計算基準日(毎年3月、6月、9月、12月の各末日)を含む月の翌月の当社の定める日に申し受けます。

  • 投資顧問料【投資一任契約に基づく運用サービスに対する費用(定率)】

    計算基準額に対して、以下の料率(年率、消費税8%を含む)で、四半期ごとに後払いにてお支払いただきます。原則として、計算基準日(毎年3月、6月、9月、12月の各末日)を含む月の翌月の当社の定める日に申し受けます。

    [ 残高手数料、投資顧問料の料率 ]

    (税込)

    計算基準額 残高手数料率(年率) 投資顧問料率(年率)
    3,000万円以下の部分 1.134% 0.162%
    3,000万円超1億円以下の部分 1.080% 0.135%
    1億円超5億円以下の部分 0.810% 0.108%
    5億円超の部分 0.540% 0.081%
  • 成功報酬【投資一任契約に基づく運用サービスに対する費用(超過収益に対する報酬)】

    報酬の計算期間中における投資一任財産の時価評価額の増加額(超過収益)に対して、10.8%(年率・消費税8%を含む)を、年1回後払いにてお支払いただきます。ただし、上限は日次時価平均残高の1.08%(年率・消費税8%を含む)としています。超過収益は、前年末時価評価額と当年末時価評価額との差分を超過分として計算します。
    また、前年末時価評価額と当年末時価評価額との差分に対して、追加入金があった場合は追加入金額を減算、一部出金があった場合は一部出金額を加算して計算します。
    原則として、超過収益に対して上記料率で、翌年1月の当社の定める日に申し受けます。なお、超過収益が発生しない年は、成功報酬はいただきません。

    <ご参考> 成功報酬型における成功報酬・残高手数料・投資顧問料計算例

    (税込)

    時価 超過収益率 成功報酬
    (年間)
    残高手数料
    (年間)
    投資顧問料
    (年間)
    合計
    (年間)
    実効報酬料率
    (年率)
    1,000万円 0% 0円 113,400円 16,200円 129,600円 1.296%
    1% 10,800円 140,400円 1.404%
    2% 21,600円 151,200円 1.512%
    3% 32,400円 162,000円 1.620%
    5% 54,000円 183,600円 1.836%
    10% 108,000円 237,600円 2.376%
    15% 108,000円 237,600円 2.376%
    20% 108,000円 237,600円 2.376%
    5,000万円 0% 0円 556,200円 75,600円 631,800円 1.264%
    1% 54,000円 685,800円 1.372%
    2% 108,000円 739,800円 1.480%
    3% 162,000円 793,800円 1.588%
    5% 270,000円 901,800円 1.804%
    10% 540,000円 1,171,800円 2.344%
    15% 540,000円 1,171,800円 2.344%
    20% 540,000円 1,171,800円 2.344%
    • 超過収益率 = (当年末時価評価額 - 前年末時価評価額)÷ 前年末時価評価額 × 100
    • 上記は計算の一例であり、実際の報酬額は、投資一任財産の日次時価平均残高等を基準に算出しておりますので、上記の計算金額とは異なります。
    • 実効報酬料率(年率・消費税8%を含む)は、小数点第4位を四捨五入して表記しています。
    [成功報酬のイメージ図] 例)契約金額1,000万円の場合

    [成功報酬のイメージ図] 例)契約金額1,000万円の場合

    1. ※1未収受の残高手数料・投資顧問料・成功報酬を控除した額となります。
    2. ※2未収受の残高手数料・投資顧問料を控除した額となります。
    3. ※3超過収益 = 当年末時価 - 前年末時価
  • 投資一任運用に係る報酬について

    • 残高手数料・投資顧問料・成功報酬の料率は、消費税を含めたものです(消費税は8%で計算しています)。
    • 計算期間途中での解約の場合、残高手数料および投資顧問料は、既経過分を日割りで頂戴いたします。
    • 成功報酬は、新規契約時は投資一任運用開始日から当年年末までの超過収益に対して、計算期間途中での解約の場合は当年年初から解約日の前日までの超過収益に対して、後払いにてお支払いただきます。
    • 報酬の詳細については、「『三菱UFJ信託ファンドラップ』のお申込みにあたって」(契約締結前交付書面)、「『三菱UFJ信託ファンドラップ』投資一任契約書 兼 契約締結時交付書面」等でご確認ください。

(2)投資対象に係る費用

  • 投資信託ごとに運用管理費用(信託報酬)および信託事務の諸費用(監査費用含む)等、間接的にご負担いただく費用があり、日々の基準価額に反映されています(運用管理費用(信託報酬)は、各投資信託の信託財産の純資産総額に対して、最大2.20%(年率・消費税8%を含む))。
  • 投資信託によっては、換金する際に信託財産留保額をご負担いただく場合があります(換金時の基準価額に対して、最大0.50%)。
  • これらの費用等の合計額および上限額は、資産配分比率・運用状況・運用実績等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載できません。
  • 三菱UFJ信託ファンドラップでお預りしている関係法人等(親法人等・子法人等)の投資信託のうち、当社が当該投資信託へ助言を行うものについては、投資信託の信託報酬の中から助言料をお支払いただいておりますので、新たに助言料のお支払はありません。また、投資顧問料と別に助言料を頂戴することもありません。

その他の重要な事項について

  • 運用開始日から2年(運用資金待機コース選択期間を含みます。)を経過した日の属する計算期間の翌計算期間以降は、当社所定の報酬率(残高手数料率、投資顧問料率)の70%の料率を適用する長期保有割引制度があります。ただし、成功報酬型をご選択の場合、成功報酬の料率には割引が適用されません。
  • 運用資金待機コースを選択中は残高手数料および投資顧問料は発生しません。ただし、成功報酬型をご選択の場合、成功報酬は発生いたします。また、この場合であっても、運用管理費用(信託報酬)および信託財産留保額等の費用がかかることがあります。
  • くわしくは、三菱UFJ信託銀行の本支店担当者へお問い合わせください。

三菱UFJ信託ファンドラップにおけるリスク/その他

(1)三菱UFJ信託ファンドラップにおけるリスクについて

三菱UFJ信託ファンドラップ(以下、「ファンドラップ」といいます。)は、国内および外国の株式や債券等に投資する投資信託を投資対象としておりますので、お受取り金額が投資元本を下回ることがあります。これらの運用成果はすべてお客さまに帰属します。
投資対象とする投資信託の基準価額の変動要因には、価格変動リスク、信用リスク、流動性リスク、カントリーリスク、外貨建資産に投資する場合は為替リスク等もあります。

(2)その他の重要な事項について

  • ファンドラップでは、投資一任契約に基づく運用を行います。預金とは異なり元本および利回りの保証はありませんので、運用成果はすべてお客さまに帰属します。また、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象ではありません。ただし、別途開設するファンドラップ預り金管理口座は預金保険制度の対象となります。
  • ファンドラップのご契約の際には、パンフレットならびに「『三菱UFJ信託ファンドラップ』のお申込みにあたって」(契約締結前交付書面)、「『三菱UFJ信託ファンドラップ』投資一任契約書 兼 契約締結時交付書面」等で内容を十分にご確認ください。
  • ファンドラップには、クーリング・オフ制度は適用されません。
  • 投資信託の譲渡による利益については、適用される税率にしたがって課税されます。また、投資信託の譲渡による利益は、投資信託の譲渡価額と取得価額との差分により計算されます。当社のファンドラップでは投資一任契約に基づき当社の裁量により投資信託の取得および譲渡を行いますので、取得価額が変動します。これに伴い、譲渡による利益も変動します。
  • 当社のファンドラップでは、特定口座(源泉徴収あり・源泉徴収なしともに)のお取扱いが可能です。ただし「資産運用口座」等で、すでに当社で特定口座をご利用のお客さまは、ファンドラップで重複して特定口座をお申込いただけません。
  • くわしくは、三菱UFJ信託銀行の本支店担当者へお問合せください。

三菱UFJ信託ファンドラップに関するお問い合わせ窓口

0120-430-226(無料)

ご利用時間/平日9:00〜17:00(土・日・祝日等を除く)

詳しい資料をご希望のお客さま

窓口でのご相談を希望のお客さま