ご存知ですか?

平成27年1月から「相続税制」が変わりました。相続税の負担は、大幅に増えます。(平成27年1月1日以後の相続から)[基礎控除額の引き下げ]《平成26年12月末まで》5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)→《平成27年1月から》3,000万円+(600万円×法定相続人の数)相続税額 法定相続人:配偶者と子供1人の場合 [相続財産額]7,000万円 [相続税額]平成26年12月末まで 0円→平成27年1月から 160万円、[相続財産額]1億円 [相続税額]平成26年12月末まで 175万円→平成27年1月から 385万円、[相続財産額]3億円 [相続税額]平成26年12月末まで 2,900万円→平成27年1月から 3,460万円、[相続財産額]5億円 [相続税額]平成26年12月末まで 6,900万円→平成27年1月から 7,605万円 相続対策には「生前贈与」が効果的です。生前に財産を子や孫に贈与し、相続税の課税対象となる財産額が少なくなると、相続税の負担が軽減されます。

例えばこんな使い方

●祖父・祖母 →生前贈与[おくるしあわせ]毎年110万円まで非課税 早く始めるほど効果は大きくなります! →孫→投資[ジュニアNISA口座]未成年者も毎年80万円までの投資が非課税に ●祖母・祖父 →生前贈与→子→投資[NISA口座]毎年120万円までの投資が非課税に。

  • 相続財産額は基礎控除額差し引き前の合計課税価格。
  • 法定相続人が法定相続割合どおり相続し、配偶者の税額軽減の特例を適用したとして相続税額を計算(他の税額軽減の特例は考慮しておりません)。
  • 法定相続人は、ご親族の構成により異なります(例:配偶者と子がいる場合は「配偶者と子」、配偶者・子・親(既に他界)がいない場合は「兄弟姉妹」など)。
  • 一度に多額の財産の贈与を行うと、贈与税の負担が重くなるため、贈与税の負担額と相続税の負担軽減額を比較して、贈与税を検討する必要があります。
  • 税務上のお取り扱いの詳細については、税理士や所轄税務署などにご確認ください。

「こどもNISA・まごNISA(ジュニアNISA)」に関するお問合せ窓口

0120-510-213(無料)

ご利用時間/平日 9時〜17時(土・日・祝日等を除く)

詳しい資料をご希望のお客さま

窓口でのご相談を希望のお客さま