NISAの活用例

30代会社員Aさんの例

毎月のローン返済と将来の教育資金を考えるとまとまった資金での投資は難しい…そんな時「とうしんつみたて」という定期定額購入ができるサービスがあることを知りました。これなら、私でも投資が可能で、今では、毎月2万円ずつNISA口座でコツコツ投資しています。

定期定額で投資→買付価格が平準化される効果が期待できます。

祖父から毎年贈与を受けているBさんの例

祖父は相続対策の一環で私に毎年贈与をしてくれています。(*1)資金はすぐに使う予定もなく、長期で運用したいと思っていたところでNISAの制度が始まりました。非課税期間が最長5年と長期投資に向いていると思い、NISA口座で大切に運用しています。

祖父:現金を贈与→孫:年間110万円まで贈与を受けても非課税→贈与を受けた資金で投資→NISA口座:年間120万円(平成27年分までは、年間100万円)までの投資に対する運用益が非課税

  1. ※1信託銀行が資金を管理し、毎年のお手続きを代行することで、ご家族への生前贈与が簡単・確実に行える、「暦年贈与信託」のお取り扱いをしております。

お客さまの声

分配金・譲渡益等は通常20.315%も税金がかかるのに、年間120万円(※)までの投資なら分配金・譲渡益等が非課税だなんてNISAを利用しないと勿体ないわよね。

NISAといっても120万円(※)全て投資しなくても良いんですね。まずは、無理のない範囲内で投資をしてみようと思います。

私は、暦年贈与信託を使って娘に贈与、娘はその資金をNISAで運用しています。信託銀行なら親と子、世代を超えて取引ができるのがいいですね。

定期定額購入(とうしんつみたて)を活用すれば、毎月1万円から自動で買付ができるので、日中仕事で手続きができない私もコツコツ投資ができて助かります。

NISAは、どこの金融機関でも一緒。だから私は、資産運用はじめ相続・不動産など様々な相談ができる信託銀行でNISAを開設しました。

  1. 平成27年分までは、年間100万円が上限です。

「NISA」に関するお問合せ窓口

0120-7272-14とうし(無料)

ご利用時間/平日 9時〜17時 (土・日・祝日等を除く)

詳しい資料をご希望のお客さま

窓口でのご相談を希望のお客さま