環境の変化に応じ、あなたに代わって資産を運用・管理

三菱UFJ信託銀行の『資産運用口座』によるサービスは、専用口座による保護預かりに、投資一任運用を付加した信託銀行初の資産運用・管理サービスです。

資産運用口座のしくみ

『資産運用口座』のメリット

1.きめ細やかな資産運用サービス

資産運用口座ベーシックにつきましてはセカンドライフ・プランナー等の専任のコンサルタントが、お客さまの資金特性、投資目標、リスク許容度などを分析するとともに、資産運用に関するニーズ・ご相談を踏まえ、最適なポートフォリオをご提供いたします。

2.専門性の高い運用手法の提供

三菱UFJ信託銀行が、国内最大級の運用機関の1社として培った運用ノウハウ等を活かし、個人のお客さま専用に、投資スタイルごとのポートフォリオをご提供いたします。

3.投資対象は厳選された公募投資信託

ファンド選定にあたっては格付投資情報センター(R&I)、ポートフォリオの策定にあたってはイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの投資助言を受けます。投資対象の投資信託の評価・分析を継続することでパフォーマンスの向上を目指します。

4.お預かり財産の時価評価額に応じた報酬

通常の投資信託購入時の申込手数料は頂戴いたしません。
お預かり財産の時価評価額に応じた報酬体系である投資顧問料と残高手数料です。

5.定期的なご報告とアフターフォロー

セカンドライフ・プランナー等の専任のコンサルタントが投資環境や運用状況を説明しますとともに、資産運用状況報告書により、運用状況を定期的にご報告いたします。

このようなニーズをお持ちの方に

このようなニーズをお持ちの方に

定期的なご報告とアフターフォロー お預かり財産の時価評価額に応じた報酬 投資対象は厳選された公募投資信託 専門性の高い運用手法の提供 きめ細やかな資産運用サービス

1.きめ細やかな資産運用サービス

セカンドライフ・プランナー等の専任のコンサルタントが、お客さまの資金特性、投資目標、リスク許容度などを分析するとともに、資産運用に関するニーズ・ご相談を踏まえ、最適なポートフォリオをご提供いたします。

  • 資産運用の基本原則として、リスク・リターンの関係から、預金、不動産、株式を中心とする有価証券に投資するという考え方(財産3分法)があります。

    財産3分法

  • また、資産の運用管理目的からみて、「保全」、「時価極大化」に分けて考えることもできます。資産運用口座では、この区分のなかで、リスクごとの「時価極大化」を第一の目的とします。

    資産の運用管理目的

  • 日々価格変動にさらされる証券市場に投資して、環境の変化にも対応し、当初想定した範囲内にリスクをコントロールしつつ、投資資産の「時価極大化」を達成することは容易ではありません。
  • しかし、運用目標とリスク許容度、投資期間などの方針をあらかじめ明確にすることで、最適な運用方法を見いだすことができます。
  • 『資産運用口座』では、ファンドマネージャーが、お客さまの投資に対する方針を理解したうえで、総合的に判断して、最適なポートフォリオの維持に努めます。

    最適なポートフォリオの維持

2.専門性の高い運用手法の提供

三菱UFJ信託銀行が、お客さまから頂戴した「投資に関するご質問」等をもとに、お客さまに適した投資スタイルを分析の上、ご提供いたします。
お客さまが選択した投資スタイルに基づき、グローバル投資の資産配分では国内最大級の運用機関の1社として培った運用手法等を駆使し、最適なポートフォリオをご提供いたします。

  • 運用は金融商品取引法及び投資一任契約の本旨に従い、お客さまのため忠実に行います。

投資スタイルの資産配分イメージ図

  • 実際のポートフォリオは、投資信託の組み合わせで構築します。
  • イメージ図は、対応する投資スタイルが投資対象とする一般的な株式指数、公社債の指数等の過去の値動きに関するデータをできるだけ多く集め、該当投資スタイルの運用成果がどの程度変動するかをイメージで示したものです。従いまして、実際の運用におけるリスク・リターンと必ずしも一致するものではなく、その成果を示唆あるいは保証するものではありません。

3.投資対象は厳選された公募投資信託

ファンドの選定にあたっては格付投資情報センター(R&I)、ポートフォリオの策定にあたってはイボットソン・アソシエイツ・ジャパンから投資助言を受けます。投資対象の投資信託の評価・分析を継続することでパフォーマンスの向上を目指します。

4.お預かり財産の時価評価額に応じた報酬

お預り財産の時価評価額に応じて、3ヶ月ごとに『資産運用口座』内から一定比率の報酬(投資顧問料、残高手数料)をいただきますが、投資対象の購入に伴う手数料(いわゆる申込手数料)のご負担はありません。

5.定期的なご報告とアフターフォロー

『資産運用口座』専用の報告書として、四半期ごとに作成する「資産運用状況報告書」等をお客さまへお届けいたします。

  • 四半期資産運用状況報告書等では、お預かり資産の状況や運用実績をお知らせするとともに、ファンドごとの評価損益や取引経過についても詳細にご報告いたします。
  • ご契約後は、お客さまからセカンドライフ・プランナー等の専任のコンサルタントへお問い合わせいただけます。専任のコンサルタントは投資経過をウォッチし、ポートフォリオ診断を継続するなど、アフターフォローに努めます。

『資産運用口座』契約概要

  • 「資産運用口座」は、契約金額に応じて2種類ご用意しております。
[資産運用口座〈愛称:番頭さん〉] [資産運用口座ベーシック]
契約金額 3,000万円以上100万円単位 1,000万円以上100万円単位
契約期間 1年(自動更新) 1年(自動更新)
初年度のみ「契約日」から「契約日の1年後の応当日が属する月の前月末日」までを契約期間とし、以降は1年ごとの自動更新とします。
口座開設 口座開設は資金の受け入れ前に必要です。 口座開設は資金の受け入れ前に必要です。
運用開始 資金の受け入れ後、MRFの買付けにより開始します。 毎月5日及び20日(休日の場合は翌営業日)資金の受入れ後、MRFの買付けにより開始します。
投資対象 国内の公募投資信託 国内の公募投資信託
投資スタイル 安定、安定成長、成長、積極、積極拡張 安定、安定成長、成長、積極、積極拡張
投資スタイルの変更 年2回随時変更可能です。
事前に専任のコンサルタントにご相談ください。
年1回契約更新時等に変更可能です。
契約金額の変更 100万円単位で可能です。
但し、時価評価額が3,000万円を下回る減額はできません。
100万円単位で可能です。
減額については、運用開始後6ヶ月後より可能となります。但し、時価評価額が1,000万円を下回る減額はできません。
中途解約 1ヶ月前までに書面による申入れで解約できます。但し、保有投資対象の換金が必要ですので、ご返還までには当社所定の期間が必要です。 1ヶ月前までに書面による申入れで解約できます。但し、保有投資対象の換金が必要ですので、ご返還までには当社所定の期間が必要です。
報酬 投資顧問料と残高手数料がかかります。 投資顧問料と残高手数料がかかります。

『資産運用口座〈愛称:番頭さん〉』のご留意事項はこちらから

『資産運用口座ベーシック』のご留意事項はこちらから

一部、お取扱をしていない店舗がございます。詳しくは、各店窓口までお問い合わせください。

当社の概要

●商号等 三菱UFJ信託銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
●加入協会 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
●本店所在地 東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
(電話)大代表:03-3212-1211