progmat

Progmat(プログマ)は三菱UFJ信託銀行が提供する
分散台帳技術を活用したセキュリティトークンの発行・管理プラットフォームです

Progmat(プログマ)は
三菱UFJ信託銀行が提供する
分散台帳技術を活用した
セキュリティトークンの
発行・管理プラットフォームです

‘Concept’

コンセプト

  • Simple

    様々な金融商品を包括的に取り扱うプラットフォームにより、簡単な金融取引を可能にします

  • Speedy

    スマートコントラクトや、プログラマブルマネーとの連携により、迅速な金融取引を可能にします

  • Secure

    分散台帳技術と信託機能の活用により、安全で信頼性の高い金融取引を可能にします

‘What is Progmat’

サービス概要

「Progmatでのリアルタイムな取引記録」 がそのまま 「法的な対抗要件も備えた権利移転」となる、分散台帳技術を活用した本邦初の仕組みです (特許取得済)
「多様な資産の証券化」や「小口投資」、「金融×ファンマーケティング」等が期待されます

‘Service User’

サービス利用者

  • 資金調達を検討されている皆さま

    Progmatでは、費用対効果の観点からこれまで証券化対象とならなかった種類・規模の資産を活用した資金調達を可能とします。併せて、投資単位の小口化や、投資主データのリアルタイム把握・活用により、幅広い投資家の方々へのアクセスやファンマーケティングの実施も可能とします。

  • セキュリティトークンを媒介する金商業者の皆さま

    Progmatでは、デジタル証券発行・管理のためのシステム基盤だけでなく、規制に即した投資家鍵の安全な保管・管理等を三菱UFJ信託銀行に委託するカストディサービスなど、幅広い機能も利用可能となります。デジタル証券ビジネスにおける金商業者様の負荷を一元的に軽減します。

‘Value’

提供価値

「信託銀行」としての知見・業務態勢を活かし、プラットフォームの企画・提供・運用のみならず、規制により負担が生じる管理業務の受託も可能であり、幅広いアセットを裏付けとした組成・管理も、One-Stopで対応できます

‘Consortium’

コンソーシアム

業界横断の取り組みとして、セキュリティトークン研究コンソーシアム(SRC)を設立・運営しています

目的

  • @STに求められる、社会的意義のあるユースケースの業界横断での共創
  • AST基盤の機能拡張に係る速やかな技術検証・実装
  • B民間の具体的な声を集めることによる、関係当局への積極的な意見具申

取組概要

  • @【ナレッジ共有】「会員集会」「会員サイト」を核としたST関連情報交流・発信
  • A【共同検討】 特定会員企業間で、特定の目的を達成するためのグループを組成し協議・検討

‘Media/Event Information’

メディア・イベント情報