お客さま(委託者)の指定した範囲で信託銀行が主として有価証券に運用する単独運用の金銭の信託です。お客さまにとっては、国内最大級の機関投資家として、三菱UFJ信託銀行が永年培ってきた運用経験・ノウハウをご利用いただけます。

指定単・ファンドトラストの仕組み

指定単・ファンドトラストの仕組み

特色

  • 信託終了時の信託財産の交付方法により、金銭をもって交付する「指定単(単独運用指定金銭信託)」と、現状のまま交付する「ファンドトラスト(単独運用指定金外信託)」に分けられます。
  • お客さまの資金運用ニーズに対し、三菱UFJ信託銀行がリスク許容度や資金性質等を勘案しながら運用方針の説明を行ない、お客さまのご理解を得たうえで運用を行います。
  • 指定単、ファンドトラストとも、簿価分離が認められていますので、お客さまがお手元で保有する有価証券との簿価通算を気にすることなく、機動的な有価証券投資が可能になるとともに、資産運用の投資成果の把握も容易になります。
  • インサイダー情報の遮断に配慮しつつ、他社株式の処分・取得を目的とした信託設定も可能です(他社株式処分取得信託)。
  • 実績配当商品であり、元本割れのリスクがございます。

本商品のリスク・費用等につきましてはこちらをご覧下さい。