金銭債権信託のメリット

1資金調達手段の多様化

従来の銀行借入やCP発行等に加え、保有債権を活用した新たな資金調達手段を確保することができます。

2低利調達の実現

新たな資金調達手段や資金提供者の確保により、従来の調達手段より低利調達となる可能性があります。

3バランスシートの改善

バランスシートの拡大や有利子負債の増加を伴わず、自己資本比率や負債比率等の財務指標の改善が期待できます。

基本的なスキーム

資産流動化には大別すると、「信託方式」と「SPC方式」があります。
なお、スキームは流動化する資産の内容、流動化の目的等により異なります。

信託方式

信託方式

  1. (1)委託者が保有する債権を信託銀行に信託します。
  2. (2)委託者兼当初受益者は、投資家に信託受益権を譲渡することで、資金調達することになります。
  3. (3)信託された債権の期日が到来した時点において、原債務者は、委託者に債務の決済を行います。
  4. (4)委託者は、原債務者から受取った資金を、信託銀行に引渡します。
  5. (5)信託銀行は、委託者から引渡しを受けた資金を原資に、投資家に対して受益権の元本を償還し、配当を支払います。

SPC方式(ABLプログラム)の基本的なスキーム

SPC方式(ABLプログラム)の基本的なスキーム

  1. (1)企業(譲渡人)が保有する債権を銀行が設立したSPC(特別目的会社)に譲渡します。
  2. (2)SPCは、当該譲り受けた債権を責任財産として、銀行から責任財産限定特約付借入(ABL)により購入資金を調達します。
  3. (3)SPCは、銀行から借り入れた資金で購入代金を支払います。これによって、企業(譲渡人)は資金調達することができます。
  4. (4)譲渡された債権の期日が到来した時点において、原債務者は企業(譲渡人)に債務の決済を行います。
  5. (5)企業(譲渡人)は、原債務者から受取った資金を、SPCに引渡します。
  6. (6)SPCは、企業(譲渡人)から引渡しを受けた資金を原資に、銀行に対してABLを返済します。

ご留意事項

  • 本取引に関しましては、内容を充分にご確認の上、貴社の責任と判断に基づきましてご検討下さい。また本取引に係る貴社の法務上、税務上、会計上の処理等の妥当性につきましては予め貴社の弁護士、公認会計士等とご相談の上ご判断下さい。
  • 本資料は一般的な仕組みを説明するものです。実際のご成約にあたりましては、弊社内で所定の審査が必要であり、弊社が将来のお取引をお約束するものではございませんので予めご了承下さい。
  • 本資料は、弊社の著作物であり著作権法により保護されておりますので、弊社の事前承諾無く本資料の全部または一部を引用または複写転送等により使用することが禁じられております。

金銭債権信託に関するご照会先

三菱UFJ信託銀行
資産金融第1部

03-3212-1211(大代表)

受付時間: 9:00〜17:00(土・日・祝日等除く)