国民年金基金は、日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者などの国民年金の第一号被保険者、日本国内に居住している60歳以上65歳未満の方で国民年金の任意加入被保険者の方および日本国内に居住していない20歳以上65歳未満の方で国民年金の任意加入被保険者の方々が、ゆとりある老後を過ごすことができるよう、また、サラリーマンとの年金額の差を解消するため、国民年金(老齢基礎年金)に上乗せした年金を受け取る公的な年金制度です。

国民年金基金とは

国民年金基金には地域型基金と職能型基金の2種類があります。

国民年金基金の種類

ご注意点

地域型基金と職能型基金のいずれか1つの基金にしか加入できません。
また、任意に途中で地域型から職能型又は職能型から地域型に移ることはできません。

加入できる方は?

  • 日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者などの国民年金の第一号被保険者、日本国内に居住している60歳以上65歳未満の方で国民年金の任意加入被保険者の方および日本国内に居住していない20歳以上65歳未満の方で国民年金の任意加入被保険者の方々です。
  • 国民年金の第一号被保険者であっても、次の方は加入できません。
    • 国民年金の保険料を免除されている方
    • 農業者年金の被保険者の方

税制上の取扱いは?

  • 掛金は、全額、社会保険料控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。
    ただし、海外に居住している期間に支払われた国民年金基金の掛金は、社会保険料控除の対象とはなりません。
  • 受け取る年金には、公的年金等控除が適用されます。
  • 遺族の方が受け取る一時金は非課税です。