第9話 40代からの将来の夢(後)

「楽しみなこと、ひとつ」

第9話 40代からの将来の夢(後)

15年後というと、友恵は60歳だった。このまま勤め続けていると定年になる年だ。これから何があるかわからないけれども、仕事はできるだけ辞めないし、スペイン語教室はずっとやれるといいなと思っている。自分自身も勉強になるし、子供と接するのはおもしろいので仕事を続ける毎日の良い気分転換にもなっている。自分にとってのそういう場が、真智子にとっての息抜きになったり、4歳のマルタが人に何かを教えることの練習の場になったりしているのはうれしいことだった。

真智子から15年後の話をされるまでは、スペイン語教室の具体的な15年後のことについては考えたことはなかったけれども、すぐにはっきりしたのは、いつか真智子やマルタにお小遣い程度の収入があればいいな、ということだった。しかし、教室代わりの会議室の使用料はこの数年で値上がりしたみたいだし先々も据え置きとは限らない。生徒の人数が今のままにしろ増えるにしろ減少するにしろ、教室の維持には少しだけ余裕が欲しいな、と友恵は思った。

たとえば自分がこの先1年か2年でいいから教室の使用料を全額出せて、そのぶん入ってくる月謝を真智子たちに回せれば少し違うのかも。ただ、今の段階で現金をポンと出せるほどの余裕があるわけでもないし、自分自身や夫や娘にもこれから何かあるかわからないから、もうちょっと積み立ての掛け金を増やそうかなあ。

娘もそのうち進学の費用が必要になってくるので、趣味のことばかりも考えていられないのだが、日曜に教室をやることによって仕事を頑張れている側面もあると友恵は考えていた。自分自身の楽しみのために始めたことにいろいろな人が関わってきて、そのことで頭を悩ませるのも幸せの一つだと思う。

悩みといえば、ピリさんにつられて買ったじゃがいもだけど、どう料理しよう、と考えながら友恵は帰り道を急いだ。

Check「15年」

つみたてNISAの非課税期間は最長20年間。20年を超えると税制優遇のメリットが受けられないので、計画的に必要なお金を運用しましょう。

津村 記久子(つむら きくこ)
1978年大阪府生まれ。2005年デビュー。著書に「この世にたやすい仕事はない」(新潮文庫)、「ディス・イズ・ザ・デイ」(朝日新聞出版社)、「やりたいことは二度寝だけ」(講談社文庫)など多数

ご留意事項

  • 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。