おさえておきたい住宅ローンのポイント

住宅ローンを検討する際のポイントは?

  1. ポイント1

    金利

    金利は極力安く!
    より有利な住宅ローンが
    あれば借換えも
    検討しましょう!

  2. ポイント2

    金額

    借入金額は極力少なく、
    頭金は出来るだけ多く!
    余剰資金での
    一部繰上返済の活用も
    検討しましょう!

  3. ポイント3

    期間

    借入期間は短く!
    完済時の基準は退職時期を
    目指しましょう!

ご参考例

金額3,000万円、期間30年、金利3%(固定)の
住宅ローン契約(元利均等返済)の場合

借入金額 借入期間 金利 月々のご返済額 年間のご返済額 総返済額
3,000万円 30年 3% 126,481円 1,517,772円 45,533,160円

1 金利を3%から2%にすると・・・
総返済額は500万円以上減少

借入金額 借入期間 金利 月々のご返済額 年間のご返済額 総返済額
3,000万円 30年 2% 110,885円 1,330,620円 39,918,600円
支払額の差 月々のご返済額▲15,596円 年間のご返済額▲187,152円 総返済額▲5,614,560円

2 金額を3,000万円から2,000万円(頭金を増やす)にすると・・・
頭金も含めた総返済額は500万円以上減少

借入金額 借入期間 金利 月々のご返済額 年間のご返済額 総返済額
2,000万円 30年 3% 84,320円 1,011,840円 40,355,200円
支払額の差 月々のご返済額▲42,161円 年間のご返済額▲505,932円 総返済額▲5,177,960円

3 借入期間30年を20年にすると・・・
総返済額は500万円以上減少

借入金額 借入期間 金利 月々のご返済額 年間のご返済額 総返済額
3,000万円 20年 3% 166,379円 1,996,548円 39,930,960円
支払額の差 月々のご返済額39,898円 年間のご返済額478,776円 総返済額▲5,602,200円
  • 当社シミュレーションにより作成。
    数値はあくまでもご参考であり、実際のご返済額と異なる場合があります。

金利の種類は?

変動金利型と固定金利型の2つです。

  1.変動金利 固定金利型
2.当初固定金利型 3.全期間固定金利型
メリット
  • 固定金利型に比べ、目先の金利は低い
  • 全期間固定金利型よりも目先の金利は低い
  • 借入残高が多い時に金利を低く設定し返済額を抑えることが出来る
  • 返済額が一定。金利変動リスクに左右されない
デメリット
  • 金利上昇リスク有
  • 固定期間終了後の金利上昇リスク有
  • 固定金利期間中の金利変更不可
  • 変動金利型に比べ目先の金利は高い
  • 固定金利期間中の金利変更不可
  メリット デメリット
1.
変動金利
  • 固定金利型に比べ、目先の金利は低い
  • 金利上昇リスク有
固定金利型
2.
当初固定
金利型
  • 全期間固定金利型よりも目先の金利は低い
  • 借入残高が多い時に金利を低く設定し返済額を抑えることが出来る
  • 固定期間終了後の金利上昇リスク有
  • 固定金利期間中の金利変更不可
3.
全期間固定
金利型
  • 返済額が一定。金利変動リスクに左右されない
  • 変動金利型に比べ目先の金利は高い
  • 固定金利期間中の金利変更不可

それぞれにメリット・デメリットがあります。よく考えて選びましょう!

住宅購入に必要な金額は?住宅ローンはどのくらい借りるべき?

実際に必要な金額は?
住宅購入に必要な資金と資金調達のイメージ 諸費用+物件価格(実際に必要な資金)、自己資金+住宅ローン(資金調達のイメージ)
  • 住宅購入には物件価格以外に諸費用がかかります。
  • 住宅ローンとは別に自己資金として物件価格の20%を用意するのが理想的と言われています。
住宅ローンはどのくらい借りる?
年収比率 住宅購入に必要な資金と資金調達のイメージ。住宅購入には物件価格以外に諸費用がかかります。住宅ローンとは別に自己資金として物件価格の20%を用意するのが理想的と言われています。 年収比率 住宅ローンの年間返済金額÷年収(税込)×100(%)=25%以内:住宅ローンがあってもゆとりのある生活 30%〜35%:住宅ローンの負担が大きい。
  • 借入金額は『返せる金額』である年収比率を基本に考えましょう。
  • 年収比率の25%以内が、無理なく返済できる水準と言われています。

住宅を購入した後も住宅を維持するためには様々な経費が掛かります。
住宅ローンを無理なく返済するため、頭金をためておきましょう。

「諸費用」を考慮して物件予算を決めましょう

住宅購入に際し、物件価格以外にもいろいろな諸費用・手数料がかかります。
仲介手数料・印紙税・登録免許税・登記手数料など、一般的に物件価格の約5〜10%程度と言われており、3000万円の物件なら150万円〜300万円程度の諸費用・手数料を見込んでおく必要があります。

中古住宅など、不動産仲介業者を介して売買契約した場合、不動産仲介手数料(一般的に物件価格の3%+6万円)が必要となります。

諸費用は原則現金での準備が必要となりますので、購入予算の中に入れておき、いつまでに用意すべきか把握しておきましょう。

住宅ローン実行までにどんな手続きがあるの?

物件の取得から住宅ローンお借入手続きまでの一般的な流れ 物件検索→物件案内→物件確定→重要事項説明→契約(手付金の支払い)→借入お申込み→審査→ご融資決定→ご融資実行(一般的にこの時点の金利が適用されます)→物件引渡し→ご返済開始

契約からご融資実行までおよそ2か月程度かかります。
借入お申し込みは余裕を持って早めに行いましょう。

ペアローンと連帯債務の違いとは?

共働きの夫婦の場合、夫の収入だけでなく妻の収入を合算して住宅ローンを組むケースが増えています。 代表的な方法である「ペアローン」と「連帯債務」の違いについて確認しておきましょう。

ペアローンと連帯債務の違いとは?

借換えのポイントは?

現在と借換後の契約内容を比べた場合に・・・

  1. 金利差以上
  2. 残高1,000万円以上
  3. 残期間10以上
⇒

借換によるメリット
が見込めます。

借換の一例(当社シミュレーションにより作成)

  当初   現在 借換後
借入残高(=残債) 3,000万円 10年後 約2,322万円 約2,322万円
残期間(年) 30年 20年 20年
返済回数 360回 240回 240回
金利(年利率) 3.5% 3.5% 2.5% ▲1.0%
毎月返済額 134,713円 134,713円 123,043円 ▲11,670円
ボーナス返済額 0円 0円 0円
年間返済額 1,616,556円 1,616,556円 1,476,516円 ▲140,040円
残債にかかる総返済額
(元本+利息)
約4,850万円 約3,233万円 約2,953万円 ▲約280万円
  当初
借入残高(=残債) 3,000万円
残期間(年) 30年
返済回数 360回
金利(年利率) 3.5%
毎月返済額 134,713円
ボーナス返済額 0円
年間返済額 1,616,556円
残債にかかる総返済額
(元本+利息)
約4,850万円

10年後

  現在
借入残高(=残債) 約2,322万円
残期間(年) 20年
返済回数 240回
金利(年利率) 3.5%
毎月返済額 134,713円
ボーナス返済額 0円
年間返済額 1,616,556円
残債にかかる総返済額
(元本+利息)
約3,233万円
  借換後
借入残高(=残債) 約2,322万円
残期間(年) 20年
返済回数 240回
金利(年利率) 2.5%
毎月返済額 123,043円
ボーナス返済額 0円
年間返済額 1,476,516円
残債にかかる総返済額
(元本+利息)
約2,953万円
 
借入残高(=残債)
残期間(年)
返済回数
金利(年利率) ▲1.0%
毎月返済額 ▲11,670円
ボーナス返済額
年間返済額 ▲140,040円
残債にかかる総返済額
(元本+利息)
▲約280万円
  • 数値はあくまでご参考であり、実際のご返済額と異なる場合があります。
  • 残債にかかる総返済額として約280万円の借換によるメリットが見込めます。
  • 諸経費を別途考慮する必要がありますが、借換ご検討の際、上の3つの項目に1つでもあてはまる場合は、シミュレーションツールを使った具体的な返済シミュレーションをお勧めします。