キャッシュカードを以下のような磁気を発するものに近づけますと、カードの磁気ストライプが故障しATMでご利用できなくなる場合があります。

(例):
携帯電話(スマートフォン含む)、パソコン、テレビ、AV機器、ハンドバッグや財布の留め金、磁気仕様のアクセサリー、事務用マグネット等

また、キャッシュカードのICチップ部分を折り曲げたり、衝撃を加えたり、水に浸してしまうと、ICチップが故障しATMでご利用できなくなる場合があります。

お取扱いには十分ご注意ください。

こちらの回答で疑問は解決しましたか