第3話 お金がない若い人こそ活用したい「つみたてNISA」

第3話-1
第3話-2
第3話-3
  • 金融庁の平成29年度税制改正要望項目「手元資金が十分でない若年層等の利用を促進する」観点からつみたてNISA創設を要望する旨の記載があります。
  • つみたてNISAの制度内容の出所:金融庁HP。
  • 当制度の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 対象商品は、「信託期間が無期限または20年以上」、「非毎月分配型」等、長期の積立・分散投資に適した一定の要件を満たす公募株式投資信託・ETF(上場投資信託)で、対象ファンドとして届出がされているものです。
  • 非課税口座に受け入れた株式投資信託等の売買損失はないものとされ、特定口座や一般口座での売買益との損益通算や、その損失の繰越控除はできません。

本稿は三菱UFJ国際投信及び三菱UFJ信託銀行が作成したものです。

ご留意事項

  • 本稿は、つみたてNISAや積立投資の効果に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
  • 本稿に掲載の情報は、三菱UFJ国際投信及び三菱UFJ信託銀行において本漫画を作成した時点(2019年10月)のものです。
    また、本稿は三菱UFJ国際投信及び三菱UFJ信託銀行が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について三菱UFJ国際投信及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。
  • 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ国際投信及び三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。
  • 本稿に掲載の情報に関するご質問には三菱UFJ国際投信及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 本稿の無断複製(コピー、スキャン、デジタル化等)、譲渡、転載及び配信は、著作権法上での例外を除き禁じられています。また、本書を代行業者などの第三者に依頼して複製する行為は、たとえ個人や家庭内の利用であっても一切認められておりません。