納税資金の確保

対策3:納税資金として、相続人・受遺者各人に金融資産を配分する

不動産や自社株を相続する人には、納税資金分を上乗せして、 金融資産を相続させます。

  • 納税資金不足は相続人全員の問題です。 万一、1人でも納税できない場合には、相続人全員で支払う義務があります。
  • 不動産や自社株に加えて、金融資産も相続させないと納税が困難となるリスクがあります。
  • 納税資金は、遺言で不動産や自社株と一緒に必要資金を配分しておくことで相続時の納税資金不足の心配は解消します(ただし、遺留分への配慮は必要)。
不動産や自社株を相続する人には、納税資金分を上乗せして、 金融資産を相続させるイメージ

その他の対策も見る

本コンテンツの内容について

  • 2020年7月10日現在の法令・税制等に基づいて作成しております。法令・税制は今後変更になる可能性がありますのでご注意ください。詳細および具体的な取扱いについては弁護士、税理士などの専門家にご確認ください。