相続対策のポイント

相続対策は、4つの面から全体のバランスを見ながら検討を進めていくことが最も大切なことです。

1)ご本人・ご家族の生活 と、 2)相続対策 3)資産承継を考える 4)相続税を考える1)ご本人・ご家族の生活 と、 2)相続対策 3)資産承継を考える 4)相続税を考える

①〜④のバランスが取れていないと・・・

次のようなことが起きる場合があります。

  • 相続対策のために不動産を多く所有すると財産配分が難しくなる
  • 相続対策に力を入れ、生命保険を多く活用した結果、ご家族の生活に支障が出た

相続対策の検討手順

一般的には次のような検討手順をおすすめしています。

ステップ1
所有資産を把握・考え方を整理する

次のように資産を色分けします。

<資金> つかう:・生活費など、日々必要なお金 ・すぐに換金できるお金 そなえる:・将来の生活に備え、増やしておきたいお金 ・将来的に使う目的が予定されているお金 ふやす:・当面の使い道が決まっていないお金 ・将来のために、増やしておきたいお金 のこす:・大切な人のためにのこしておきたいお金
<不動産>1.自宅等の残す不動産 2.有効活用して収益を得る不動産 3.納税等のため売却する不動産

ステップ2
現状分析・問題点の把握・相続税の把握を行う

次の4つの課題について検討を行います。

①円満な遺産分割

課題

  • 遺言書がないと、相続人全員で行う遺産分割の協議で苦労することがある
  • 遺産の分割が確定しないと、相続税軽減の特典が受けられない

たとえば、残された配偶者が、子ども間の争いの狭間で困ることがあります。

②円滑な相続手続き

課題

  • 相続財産の内容把握に苦労することがある
  • 相続手続きに詳しい人は少なく、時間と労力が必要
  • 遺言または遺言のような書類を発見したら要注意
  • 預金の引き出しや財産の処分・換金などに困ることがある

たとえば、手続きが煩雑なため中々進まないということが起きます。

相続税について考える

③納税資金の確保

課題

  • 相続税は相続発生後10ヵ月以内に、現金一括納付が原則
  • 納税資金が不足した場合は、相続人に負担をかけることになる

たとえば、金融機関からの借入れが必要になったり、延納や物納を申請することになったりします。

④相続税の軽減

課題

  • 相続に関しては相続人の生活保護のための制度がある
  • 相続税を試算するうえで知っておくこと

相続税に関しては、相続人の生活基盤を確保するための制度や、不動産・現預金など財産に応じた相続時評価の方法があるため、それを理解しておく。

たとえば、配偶者の税額軽減の特例を活用する。

ステップ3
課題解決のため、効果的な対策を検討し、実行する

相続対策を実行するにあたり、次の6つの観点から金融商品やサービスの活用をお考えになってみてはいかがでしょうか。

生前贈与 資金運用・ローン 遺言 信託商品 保険 不動産生前贈与 資金運用・ローン 遺言 信託商品 保険 不動産

本コンテンツの内容について

  • 2020年7月10日現在の法令・税制等に基づいて作成しております。法令・税制は今後変更になる可能性がありますのでご注意ください。詳細および具体的な取扱いについては弁護士、税理士などの専門家にご確認ください。