円滑な相続手続き

対策1:相続財産の内容を簡単に把握できるようにする

1.相続人に対して、事前に財産内容を話しておく。

財産の内容や資料などの保管場所を事前に伝えます。

2.わかりやすい書類を残しておく。

財産目録を作成したり、保管場所を明示しておきます。

  • たとえば、1冊の手帳やノートに財産や取引金融機関などを記載します。
  • 引継ぎノート・エンディングノートを作成して財産内容や”想い”を伝えます。
  • 遺言書を用意して、財産内容を正確に記載して伝えます。
わかりやすい書類として遺言書を残すイメージ

本コンテンツの内容について

  • 2020年7月10日現在の法令・税制等に基づいて作成しております。法令・税制は今後変更になる可能性がありますのでご注意ください。詳細および具体的な取扱いについては弁護士、税理士などの専門家にご確認ください。