相続手続き

自身が遺言執行者に指定されていました
遺言執行者の役割について知りたい

ご相談者:男性(52歳)

質問内容

「今回、父が亡くなり自筆証書遺言が遺されていました。その中で私が、遺言執行者に指定されていました。父から生前に遺言を書いて執行者に指定したからと言われていましたが、その時は、そうなのかと思っただけでした。遺言執行者とは何をすればよいのでしょうか。」
相続人は、母と弟と私になります。遺言の内容は、不動産は母に、金融資産は、母と私と弟に均等に分けるように書かれています。
アドバイスをお願いします。

登場人物の家系図登場人物の家系図

[登場人物]
ご相談者:男性(長男・52歳)
父:他界
母:82歳
二男:自営業 多忙

ワンポイントアドバイス

  • 遺言執行者とは、遺言を実現する役割を担う人です。
  • 法律で決まっている役割があります。
  • 弁護士・司法書士・信託銀行等の専門家に一部を担ってもらうことも可能です(履行補助者を指定する)。

ご自身が遺言執行者に指定されているとのことですね。
まず、遺言執行者とは、遺言を実現するための役割を担った人になります。遺言執行者に就職するかどうかは自分で決めることができます。就職した場合には、法律で決められている手続きとして「就職したことを相続人に通知する。財産の調査に基づいた財産目録を作成する。手続きが終了した段階で完了報告をする。」となります。
加えて、執行手続きを阻害するような行為があれば、その行為を是正する役割を担います。

実際の遺言執行者が行う手続きとしては、まず、書面での相続人の確定のための戸籍調査です。この戸籍を集める作業は、亡くなられた方(被相続人)の生まれてから亡くなるまでのものが必要となることから、戸籍が移動している場合は、何ヵ所もの役所から集める必要があり手間がかかります。
また、財産調査も不動産に関しては、共有地の有無の確認など行うために売買契約書や重要事項説明書を確認したり、金融資産であれば、郵便物から株式の配当やインターネットで取引のある金融機関を特定したり、郵送物もない場合などは、通帳の入出金から探したりとこちらもかなりの手間がかかります。金融資産の換金・名義変更手続きも金融機関により手続きが異なるため中々大変です。掻い摘んだ説明となりますが、いずれにしても遺言執行者の役割を果たすにはかなりの手間がかかります。相続税の申告が必要な場合は、10ヵ月内に手続きをすることになり時間との戦いにもなります。
このように、遺言執行者はさまざまな手続きを行うことになります。ただ、自分ではとても大変だと思う場合は、「履行補助」と言って専門家に全部もしくは一部を任せることもできますので、相談されると良いと思います。

  • 2020年7月10日現在の法令・税制等に基づいて作成しております。法令・税制は今後変更になる可能性がありますのでご注意ください。詳細および具体的な取扱いについては弁護士、税理士などの専門家にご確認ください。
  • 本コンテンツは一般的な知識を説明したものであり、特定の商品などの勧誘を目的とするものではありません。
  • なるべくわかりやすくするため、大幅に省略・簡略化した表現としています。
  • 事例はさまざまな事例を参考にして新たに創作したものであり、実際のものとは異なります。
  • 個別的な事情が異なると結論も異なることとなります。個別具体的な案件や法令・税制等の適用については、弁護士・税理士などの専門家にご相談ください。