財産の分割案を検討する際のポイント

分割案を作成することで、見えていなかった課題に気づき、その課題に対して相続対策を実施することができます。
そうすることで、相続人の方が相続手続きの期限に追われ、検討できないまま手続きを進めるというリスクも軽減できます。
遺される方々のストレスや負担を軽減するためにも、分割案を作成して相続対策を実施しましょう。

財産の分割案を作成するメリット

  • 不動産の概算評価額(路線価等をもとに概算評価)を知ることができる。
  • 贈与・相続に際しての考え方を整理することができる。(家族間の財産配分の偏りの有無や生活実態との整合性等)
  • 不動産・金融資産を合算した財産配分を考えることができる。
  • 二次相続も含めた財産配分を考えることができる。

財産の分割案の作成

財産の分割案とは、所有財産を一覧化して、各財産の概算評価額を記載し、ご相続人毎の財産配分を表にしてまとめたものです。
各財産を相続する際に発生する相続税(概算)や、遺留分などを踏まえて検討することで将来の姿を想像でき、課題も明らかになってきます。
まずは、財産の分割案を作成して、事前に実施すべきことなど、相続対策に対する考え方を整理していきましょう。

財産の分割案の作成をおすすめする方

財産の全体像を
把握されたい方

将来の財産配分について
ご検討されたい方

ご自分の遺言書について
課題を確認されたい方

分析を行わずに相続対策を行うと、たとえば・・・。

  • 相続人の生活に支障を来したり、相続人間のバランスを欠いたり、税制上の各種特例を利用できない場合があります。
  • 目的や金額、保険金受取人等を深く考慮せず「生命保険」を契約してしまう場合があります。
  • 必要以上の不動産有効活用や、不動産売却をおこなってしまう場合があります。

財産の分割案の作成を依頼する

分割案の作成や分析には、不動産など各財産の概算評価額を算出する必要があるなど、ご自身で実施するには難しいため、専門家のアドバイスが欠かせません。