年金制度については、昨年の財政検証の結果も踏まえた制度の改善が厚生労働省社会保障審議会年金部会などで検討されています。その中に、75歳までの受給開始年齢の繰り下げ(現在は70歳まで)を可能とすることなどを含めた「受給開始年齢を選択できる制度の充実」があります。